人財
労働者を募集する皆様、2024年4月から労働条件のルールが変更されます

名古屋の人材紹介会社、人財サポートです。 厚生労働省は職業安定法施行規則の改正を受け、求人企業・職業紹介事業者が求職者に明示すべき労働条件の追加等に関するリーフレットを公開しました。 仕事や勤務地の変更範囲を示しましょう […]

続きを読む
人財
人手不足倒産が増加しています

名古屋の人材紹介業、労務サポートです。 現代の労働市場において、企業が直面している最大の課題の一つが人手不足です。 人手不足の現状 東京商工リサーチは、2023年1月~5月の人手不足について調査を行っています。 2023 […]

続きを読む
人財
企業の正社員不足は過半数越え

名古屋の人材紹介会社、人財サポートです。 マイナビは「中途採用・転職活動の定点調査」の結果を公表しました。 人事担当者はぜひ最新の中途採用・転職活動の動向を確認しておきましょう。 正社員が不足している? 正社員の過不足感 […]

続きを読む
就活
新型コロナ後の転職で企業を選ぶ基準は?

名古屋の人財サポートです。 今回は新型コロナで企業を選ぶ基準が、どのように変化したかを説明していきます。 転職の基準の変化 日本最大級の大手転職サイト「エン転職」の調査によると新型コロナ後に企業を選ぶ基準が変化した方は約 […]

続きを読む
人財
人手不足に対する企業の動向調査結果

 帝国データバンクは「人手不足に対する企業の動向調査」結果を発表しました。 2023年1月時点で正社員が「不足」と感じている企業は51.7%で2023年1月としては2019年(53.0%)に次いで2番目の高さです。 非正 […]

続きを読む
人財
「マイジョブ・カード」が公開されました

厚生労働省はジョブ・カードのデジタル化に向けて「マイジョブ・カード」のサイトを公開しました。 https://www.job-card.mhlw.go.jp/ ジョブ・カードは個人のキャリアプランや職務経歴を記録し、求職 […]

続きを読む
就活
インターンシップの推進

経済産業省、厚生労働省、文部科学省は「インターンシップの推進に当たっての基本的考え方」を改正し 今後は2022年6月の大学2年生より、一定の基準に準拠するインターンシップで得られた学生情報は採用活動開始後に活用することが […]

続きを読む
就活
2023年卒の大学生 就職意識調査

(株)マイナビは、「2023年卒大学生就職意識調査」の実施結果を公表しました。 (1)就職観 「楽しく働きたい」(37.6%)が1位で「個人の生活と仕事を両立させたい」(22.7%)「人のためになる仕事をしたい」(13. […]

続きを読む
就活
新卒採用における入社前後のトラブル調査

日本労働組合総連合会は新卒採用における「入社前後のトラブルに関する調査2022」を実施結果を公表しました。 (1)オワハラ(学生の就職活動の終了を強要するようなハラスメント的行為) 就職活動の中で経験したことについて「内 […]

続きを読む
人財
ポータブルスキル見える化ツール

厚生労働省ではミドルシニア層のホワイトカラー職種の方を対象にポータブルスキルを測定し、それを活かせる職務や職位を提示する「ポータブルスキル見える化ツール」を令和4年3月から提供を開始しています。 ※ポータブルスキル……業 […]

続きを読む
就活
インターンシップについて

経団連から「産学協働による自律的なキャリア形成の推進(報告書)」が公表されました。https://www.keidanren.or.jp/policy/2022/039.html これまで、政府は「採用活動前のインターン […]

続きを読む
人財
人材力を高めるリカレント教育!

リカレント教育とは?生涯学習と違う点は? リカレントの必要性 リカレントが日本で重要視され始めた理由は、デジタル化と職業人生の長期化、キャリアの多様化です。新型コロナによるテレワークの普及もデジタル化の一例です。人生10 […]

続きを読む
人財
リカレントガイドラインの骨子案を公表

厚生労働省では令和4年3月23日の第34回労働政策審議会人材開発分科会において 企業内の学び・学び直しを促進するためのガイドラインの策定に向けて社会人の職業に関する学び・学び直し促進ガイドライン(仮称)(骨子案)を公表し […]

続きを読む
人財
「将来就きたい仕事」について

アデコ株式会社は全国の小中学生を対象とした「将来就きたい仕事」に関する調査結果を発表しました。 小中学生の「将来就きたい仕事」の1位は男子が「ユーチューバ―などの動画投稿者」で2年連続です。女子が「パティシエ(お菓子職人 […]

続きを読む
人財
リカレント ガイドラインを策定予定

厚生労働省では「学びの好循環」を実現するため令和3年度中にリカレント ガイドラインを策定し企業に対応を求める予定です。 労働者の自律的、主体的かつ継続的な学びを企業や国等の関係者の協同で後押しすることにより新たな価値を創 […]

続きを読む