インターンシップについて

経団連から
「産学協働による自律的なキャリア形成の推進(報告書)」が
公表されました。
https://www.keidanren.or.jp/policy/2022/039.html

これまで、政府は
「採用活動前のインターンシップの情報は活用できない」
との方針を示していました。

しかし、今回の報告書において
採用活動前のインターンシップで企業が得た学生の評価などの情報を
採用活動に活用できるようにすることが提言されています。

対象となるインターンシップとしては、次のようなものです。

・学生の参加期間(所要日数)について、
 汎用的能力活用型は短期(5日間以上)、専門活用型は長期(2週間以上)
・就業体験は「必ず行う(必須)」
・実施時期は、
 「学部3年・4年ないしは修士1年・2年の長期休暇期間 (夏休み、冬休み、入試休み・春休み)」
「大学正課および博士課程は、上記に限定されない」 など

なお、学生の参加期間(所要日数)が「超短期(単日)」、就業体験は「なし」など
上記の要件を満たさないものは
「オープンカンパニー」などとして
学生情報の採用活動での活用の対象としないこととしています。

政府は、この報告書を踏まえて、これまでの方針を見直す考えです。

人財・仕事探しでお困りの方へ

電話
人財サポートは
社会保険労務士が運営している職業紹介です。
ジョブナビ愛知の運営、
愛知県を中心とした仕事紹介を行っております。
求人票作成支援、適性検査、企業・学生向けの研修など
幅広い支援を行っております。
職・人財探しでお困りの方はぜひお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one × 4 =