新卒採用における入社前後のトラブル調査

日本労働組合総連合会は
新卒採用における「入社前後のトラブルに関する調査2022」を実施結果を公表しました。

(1)オワハラ(学生の就職活動の終了を強要するようなハラスメント的行為)

就職活動の中で経験したことについて
「内定時に、その企業に就職するという誓約書の提出を求められた」
「内定を伝えられたあとで、他社の選考を辞退するように求められた」
「他社の選考を辞退するなら内定を出すといわれた」
のいずれかを選んだ人の割合を「オワハラを受けた人の割合」とすると
14.5%がオワハラを受けていました。

(2)内定者インターンシップやアルバイト

内定者インターンシップやアルバイトに参加した人に、その位置づけを聞いたところ
「必ず参加することが求められ、ほとんどの内定者が参加した」が 29.9%
「参加を強く求められ、ほとんどの内定者が参加した」が 17.0%
合わせて 46.9%でした。

(3)労働条件明示

入社時に、労働条件を明示されたか聞いたところ
「書面で渡された」は 59.9%、
「社内イントラネットなどに掲示されているので自分で確認するように指示された」は 6.0%
「見せられただけで渡されず回収された」は 3.4%
「口頭で説明された」は 5.4%、
「書面の明示がないだけでなく、なにも説明はなかった」は 2.8%でした。


https://www.jtuc-rengo.or.jp/info/chousa/data/20220428.pdf?483

人財・仕事探しでお困りの方へ

電話
人財サポートは
社会保険労務士が運営している職業紹介です。
ジョブナビ愛知の運営、
愛知県を中心とした仕事紹介を行っております。
求人票作成支援、適性検査、企業・学生向けの研修など
幅広い支援を行っております。
職・人財探しでお困りの方はぜひお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

two × 5 =