企業における求人のご相談は愛知の「人財サポート名古屋」へ  ☎ 052 - 413 - 2272

企業の新卒内定の状況調査について

企業の新卒内定の状況調査について

株式会社マイナビは
2019年卒採用の内定状況と2020年卒の採用の見通しなどをまとめ
「2019年卒マイナビ企業新卒内定状況調査」の結果を発表しました。

1.2019年卒採用の内定状況

・「採用充足率」(内定者数/募集人数)は、84.4% 
・業種別に見ると、「ソフトウエア・通信(77.3%)」が特に採用充足率が低い。 
・上場(95.9%)と非上場(76.5%)では、非上場企業の厳しさがうかがえます。

・内々定後の辞退率は
「前年より高かった」が34.0%で
 3社に1社が前年よりも高い内々定辞退率に苦悩する様子が見て取れます。
 
2.外国人留学生採用

・2019年卒採用で
「外国人留学生を採用した(する予定)」と回答したのは全体の11.7%でした。
 また「採用活動はしたが、採用できなかった」企業は7.0%でした。
 
・2020年卒の予定では
「採用する予定」が10.7%、「検討中」が28.8%となり、
 企業側の採用意欲は垣間見えます。

・「採用をしていない(または予定がない)」企業にその理由を聞いたところ

 「日本語能力(24.7%)」
 「ビザなどの手続きが困難(14.6%)」
  よりも

 「外国人が活躍できる環境が整っていない(43.2%)」
 「現場の受け入れ体制が整っていない(43.8%)」
 といった、企業の内部要因によるところが大きいことが分かりました。

3.障がい者採用

 ・障がい者採用に特別なコースや採用枠を設けている企業は、全体の8.6%とまだ少ないです。
  
 ・9割を超える企業が
 「特別なコース・採用枠は用意していない/採用活動自体を行っていない」
  と回答しています。

 ・採用経験がある企業に、採用した方への配慮を聞いたところ

  「業務量への配慮(58.8%)」
  「勤務地の固定(51.2%)」
  「設備への配慮(43.8%)」
  「勤務時間の配慮(38.7%)」
  「配属先部署での理解促進(35.8%)」
   の順でした。
  
  本人だけではなく、一緒に働く従業員へ理解を促すことの必要性も感じていました。

4.2020年卒採用と今後の課題

・次年度(2020年卒)の採用スケジュールについて
 インターンシップを開始するのは「8月」が最も多く(36.1%)
 2019年卒(31.8%)に比べて、スタートが早まっています。
 
 また、3月に面接を開始する企業が増加しており
 厳しい採用環境への対応として、3月以降の活動もスピード感が増しています。

コメント


認証コード4202

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional