企業における求人のご相談は愛知の「人財サポート名古屋」へ  ☎ 052 - 413 - 2272

派遣労働者実態調査について

派遣労働者実態調査について

厚生労働省は、2017年「派遣労働者実態調査」の結果を公表しました。
概要は次のとおりです。

〔事業所調査〕
〇派遣労働者が就業している事業所は全体の12.7%。

産業別に見て高いのは
「情報通信業」30.1%
「運輸業、郵便業」21.6%
「金融業、保険業」19.3%。

〇2017年10月1日現在の全労働者数に対する派遣労働者の割合は3.2%。
〇派遣労働者の業務(複数回答)で多いのは
「一般事務」33.1%
「事務用機器操作」19.1%
「物の製造」14.5%。

〇派遣可能期間の延長に関し
平成27年9月30日以降に締結された労働者派遣契約について
その派遣可能期間を延長するため過半数労働組合等からの意見聴取を
「した」事業所の割合は21.6%
「していない」事業所の割合は60.9%。

〇紹介予定派遣を利用したことがある事業所の割合は6.8%。


〔労働者調査〕

〇派遣労働者を年齢別に見ると
「40~44歳」が16.5%
「35~39歳」が13.5%
「45~49歳」が13.1%。

〇これまで派遣労働者として働いてきた通算期間は
「10年以上」が19.2%
「5年以上10年未満」19.0%
「3年以上5年未満」16.3%。

〇現在行っている派遣業務(複数回答)は
「一般事務」23.2%
「物の製造」21.2%
「事務用機器操作」12.2%。

これを性別に見ると
男性では「物の製造」29.1%、「倉庫・搬送関連事務」13.6%、
女性では「一般事務」38.6%、「事務用機器操作」18.9%。

〇派遣元との労働契約の期間は
「2か月超3か月以下」24.0%
「期間の定めなし」20.9%
「3か月超6か月以下」15.4%。

〇派遣先で予定される派遣期間は
「2か月超3か月以下」27.1%
「3か月超6か月以下」18.0%
「6か月超1年以下」16.4%。

〇同一の組織単位での継続就業期間は
「1年超3年以下」45.2%
「6か月超1年以下」20.2%
「3か月超6か月以下」12.8%。

〇同一の組織単位での労働契約の更新回数は
「4回以上」40.0%
「0回」17.8%
「1回」12.7%。

〇社会保険等について、「加入している」割合は
「雇用保険」では84.8%
「健康保険」では82.2%
「厚生年金保険」では80.2%。

〇派遣先での福利厚生施設の有無と利用状況について
「給食施設(食堂)」がある割合は59.6%
利用できるようになっている割合は58.6%。

以下、同様に「休憩室」がそれぞれ83.8%、83.3%
「更衣室」がそれぞれ77.2%、75.7%。

〇教育訓練について、過去1年間に受けたことがある割合は50.5%。

〇キャリアコンサルティングを受けるための相談窓口について
「窓口が置かれている」は34.6%
「置かれていない」13.2%
「わからない」49.1%。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/haken/18/index.html

コメント


認証コード1029

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional